サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ




    チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が1日に行われ、日本代表MF香川真司が
    所属するドルトムントは、アウェーでアンデルレヒトと対戦し、3-0で勝利を収めた。

     UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HPである『UEFA.com』では、同試合にフル出場し、
    先制ゴールをアシストした香川がマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

     香川はアンデルレヒト戦の開始3分、ペナルティーエリア手前でボールを受けると、
    裏へ抜け出したイタリア代表FWチーロ・インモービレに絶妙な浮き球のパスを通して
    先制ゴールをアシストした。その後も攻撃の起点としてチャンスを演出するなど活躍し、
    チームの勝利に貢献した。

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00237842-soccerk-socc

    続きを読む

    続きを読む



    ◆ D組
     アンデルレヒト 0-3 ドルトムント
    0-1 インモービレ(前3分) ← 香川アシスト
    0-2 ラモス(後24分)
    0-3 ラモス(後34分)
    ◇ ドルトムントの香川真司はフル出場

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/live/day=2/session=2/match=2014330/
    先発フォーメーション図
    no title

    D組順位表
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/standings/round=2000548/group=2003071/

    uefa.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    続きを読む

    451388458-500x333


     スペイン、リーガ・エスパニョーラのRマドリードがブラジル代表FWネイマール(22)獲得のため、2013年夏、サントス(ブラジル)に移籍金1億5000万ユーロ(約207億4000万円)を提示していたことが分かった。ポルトガル紙が1日、報じた。

     ネイマールは結局、移籍金5700万ユーロ(約74億円)でバルセロナ(スペイン)と5年契約を結んだが、レアルの提示額はとんでもない額だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000287-sph-socc

    続きを読む

    1682751_w2



     ドルトムントに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスが噂される移籍話について言及した。『ガーディアン』が同選手がブンデスリーガ・マガジンに話した内容を掲載した。

     現在25歳のフンメルスにはこれまでも様々なクラブが獲得に興味を示してきた。

    「ビッグクラブが関心を持ってくれるということは悪い気はしないし、賞賛と受け取っている」。また将来的な海外でのプレーについても「もしかしたら、いつか考え始めるかもしれない」と含みを持たせている。

     現在、最も関心を示しているのはマンチェスター・ユナイテッドと伝えられている。豊富な資金力を武器に、獲得を目指すものとみられるが、これについては「年俸に釣られて移籍することはないよ」。

    さらに「今の段階ではそのことについてはまったく考えていない」とキッパリ否定した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00143213-gekisaka-socc

    続きを読む

    100197hp2

     オランダ代表MFウェスレイ・スナイデル(30)=ガラタサライ(トルコ)=が今夏にマンチェスターU(イングランド)からのオファーを断った理由を明かした。英メディアが1日、報じた。

     スナイデルがオファーを断った最大の理由はガラタサライは欧州CL出場権を持っていたが、マンUは持っていなかったことだという。

    スナイデルは「ルイス(・ファンハール)はフットボール界で最も知性あふれる男の1人だ。夏にマンチェスターUが私に興味を持っていることは知っていた。

    わたしは迷ったが、今トルコにいて幸せだ。チャンピオンズリーグのピッチに立つということを捨てることはできないよ」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000300-sph-socc

    続きを読む

    ボルシア・ドルトムントFWチーロ・インモービレは、新天地での自身のプレーに関して手応えを感じ始めているようだ。
    ドイツ『シュポルトビルト』のインタビューに応じた同Fwは、ブンデスリーガとセリエAとの違いなどについて語っている。

    今夏、バイエルン・ミュンヘンへと去ったFWロベルト・レヴァンドフスキの後釜としてインモービレを獲得したドルトムント。
    イタリア代表FWは、ドルトムントでリーグ戦131試合74ゴールという成績を残したレヴァンドフスキとの比較はプレッシャーと考えていないようだ。

    「彼の名前は永遠にここに残る。それは当然だよ。ドルトムントのためにファンタスティックな活躍を見せたからね。僕の名前もトリノに残っているのと変わらない。
    プレッシャー? そんなことはまったく感じていない。レヴァンドフスキの後を継ぐのは大きな誇りだよ。信頼を与えられたことを幸せに思っている」

    ドルトムント加入以来、インモービレは公式戦6試合に出場し、2ゴールを決めている。同選手は最近3試合では未勝利と不調のチームに触れつつ、
    自身のプレーについては心配していない様子をうかがわせた。

    「(チームとしては)僕たちはもちろん満足していない。でも、これからまだたくさんの勝ち点が配られるからね。僕個人に関しては、予想していたとおりだよ。
    もちろん最初は新しいチーム、そのプレースタイル、新しい環境などに慣れる必要があった。でも今はどんどん良くなっているよ」

    ブンデスリーガとセリエAの違いについて聞かれると、こう返答している。

    「明確に違うサッカーだ。ブンデスリーガでは小さなチームも息が切れるまで走るので、確実により難しいリーグだと思っているよ。
    ディフェンダーの違い? イタリアのDFが受けている守備ラインの連携における戦略的教育の方が少し上だと思うね」

    「でもドイツでは、DFがフィジカルがより強くて、速いことが多い。前方にも向かうことも多い。
    それによって、彼らは守備での戦略的な役割を果たせなくなり、僕らFWにスペースが生まれるんだ」

    10月1日(水)21時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000032-goal-socc

    続きを読む

    no title
    今季19位の低迷に監督更迭の可能性が浮上

    マンチェスター・ユナイテッド元監督のデイビッド・モイーズ氏がニューカッスルの後任候補に挙げられていることが分かった。
    英地元紙デイリー・スターが「マン・ユナイテッドの失敗作、モイーズがニューカッスルでアラン・パーデューの後任候補に」との見出しで報じている。

    ニューカッスルは今季リーグ戦6試合3敗3分けで、いまだ勝ち星を手にしていない。現在19位で2部降格圏と低迷している。

    メディアとサポーターから大きな批判を集めているパーデュー監督はオーナーのマイク・アシュレー氏と直接会談を持つことになったという。

    「我々は深刻な話し合いを持つことになるだろう。私も彼(オーナー)も負けたいと思っていない。このチームには勝利が必要だ。
    数日のうちに話し合いを持つことになるだろう。この状況を変えなければいけない」

    崖っぷちの指揮官はこうコメントしている。

    同紙によると、現職が更迭された場合、モイーズ氏が後任に就任する可能性が高まっている。
    欧州屈指の名門にロングボールやクロスボールを多用する独自の戦術を導入し、低迷の一因を作り、
    4月にマンUの監督を解任されていたモイーズ氏は現場復帰に並々ならぬ意欲を燃やしているという。

     英ブックメーカー会社もニューカッスルの次期監督を予想。モイーズ政権の誕生は本命視されている。
    マンUでは短命政権に終わったモイーズ氏はその手腕や采配で批判を集めた。

    新天地ニューカッスルで、エバートン監督時代のような名誉を回復できることができるのか、大きな注目を浴びている

    10月1日(水)11時7分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141001-00010001-soccermzw-socc

    続きを読む



    約2年ぶりのサッカー日本代表入りが期待されたG大阪のFW宇佐美貴史(22)は、またも選出されなかった。
    9月の公式戦では6戦4発と結果を残したが、かなわなかった。

    チームは現在4位で、ナビスコ杯、天皇杯との3冠の可能性もある。
    「今まで通り、チームのためにやる。タイトルに向けて全力で頑張っていくだけ」と前を向いた。

    5日には、アウェーで代表3選手を擁する鹿島と対戦する。MF柴崎岳とDF昌子源は“プラチナ世代”とも呼ばれる同学年。
    昌子とはG大阪ジュニアユース時代に共にプレーした。「中学校の頃の源(昌子)とは全く違うけど、どういうレベルなのか興味はある。
    1対1なら100%抜ける自信がある」と代表斬りを誓った。

    また「結果が全てという意味では、結果はある程度出ていると思うけど、それ以外を見られているなら仕方ない。
    選んでみたいと思うだけの選手になればいいこと」とも話した。

    長谷川監督も「(G大阪に代表選手が)一人もいないのは寂しい」
    と話したが「呼ばざるを得ないくらいの結果を」と、3冠を狙いにいく覚悟を示した。

    10月1日(水)19時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000089-dal-socc

    続きを読む

    83A9E585A5E59BA3



    マンU、スペイン人MFアンデル・エレーラの肋骨骨折を発表

    マンチェスター・Uは9月30日、スペイン人MFアンデル・エレーラの肋骨骨折をクラブ公式HPで発表した。
    エレーラは、9月27日のプレミアリーグ第6節のウェストハム戦で先発出場。
    試合中に骨折し、74分に途中交代していた。なお、試合はマンチェスター・Uがホームで2-1と競り勝っていた。
    25歳のエレーラは、今夏にマンチェスター・Uに加入。これまで4試合に出場し、2ゴールを挙げていた。

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00237620-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ