サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    no title


    今年1月、第5代Jリーグチェアマンに就任した村井満氏。
    就任以来、J3を含む全51クラブの地元訪問を実現しようと全国行脚を敢行中だが、その一方で、
    Jリーグの振興・発展のヒントを得ようとさまざまな“異業種”の俊傑との交流にも精力的である。
    そんな村井氏が、なんと将棋の棋士に会いに行った。

    対談相手の渡辺明二冠は、現在「棋王」「王将」のタイトル2冠を保持。
    また、かの羽生善治名人(四冠)ですら未踏の「永世竜王」資格を唯一持つ、
    押しも押されもせぬトップ棋士だ。

    頭脳のスポーツとも言われる将棋の世界に興味津々の村井チェアマンと、「サッカーと競馬が二大趣味」
    と公言するほどのサッカーファンである渡辺二冠との、楽しくも濃密な対談が実現した。

    (一部抜粋)

    村井 渡辺二冠は、いつ頃からサッカーが好きになったのでしょうか。

    渡辺 サッカーは子どもの頃から好きといえば好きなんです。今30歳ですが、子どもの頃は野球の方が人気があって、
        小さい頃はJリーグもないし、できてからもみんながすぐサッカーを見るという感じではなかったから、
        「見るのは野球、やるのはサッカー」でした。だから僕も見るのは野球だったんですけど、
        サッカーゲームはわりと面白くて人気があったんです。小学生の間でも。

    村井 渡辺二冠は、サッカーと将棋が似ていると思うことはありますか?

    渡辺 そうですね。陣地が半分に分かれていて……将棋盤は9マスだから、真ん中の5段目が……。
    村井 ハーフウェーラインですね。

    渡辺 そうですね。始まる時点ではお互いにここから先には入れないので、一応は陣地。
        始まってしまえば将棋もサッカーもごちゃごちゃですが、まずそういう陣立て(駒の配置)がある。
        あとは将棋の場合も、序盤戦は真ん中より先に駒が出にくいんです。自分の陣形を組んでいくから。

    村井 矢倉とか、そういう。

    渡辺 ああ、そうです。(将棋盤上で駒を動かしながら)最初はこんな感じで陣形を組む。お互いが一手ずつ指すので、
        自分が形を組んでいけば相手も同じような形になるんですが、この間は、駒はぶつからないことがほとんどですね、プロでも。

    村井 ここまでは戦いの形を整える。サッカーで言うと最初の入りの15分くらいは、意外と慎重にボール回ししている感じですね。

    渡辺 というより、まだメンバーを決めている段階みたいな感じですか。「まだやらないよ」という。
        で、駒がぶつかる=ゲームが始まってしまえばもう、野球のような「攻めと守り」というのはなくて、一手で戦局がガラリと変わります。
        その辺りはサッカーも、ずっと攻めていたのにカウンターの一発で取られることもあって、似ていますね。

    村井 なるほどね。

    渡辺 将棋盤は縦9マス、横9マスですが、角や飛車のような飛び道具がある。角は真ん中にいれば全部斜めに効きますし、
        飛車も十字に動けるので、この辺りで戦いが起きていたはずなんだけど、次はあっちで戦いが、みたいなこともあって。

    村井 逆サイドから突然クロスが飛んで行く、みたいなことがあるんだ。

    渡辺 そうですね。戦いは一カ所の極地戦というより、いろんなところでバシンバシンと起こる。もちろん上手い人の将棋ですけどね。
        プロの戦いの場合です。サッカーでも、幼稚園の子とかがやると同じ所でガチャガチャとやって、なかなか抜け出せないことがあると思うんですけど(笑)。


    インタビュー全文(1/7p~7/7p)
    http://www.soccer-king.jp/sk_column/article/221867.html

    画像
    http://soccerking.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2014/08/1_G9C4633.jpg

    続きを読む


    アグエロに絡む様子続きを読む

    OSK201007020046



    バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、母国の新指揮官に就任したドゥンガ監督から叱咤激励を受けた。

    母国誌『Epoca』とのインタビューに応じたドゥンガ監督は、ネイマールの実力を高く評価しながらも、世界トップクラスの選手にはまだ一歩及ばないとの見解を示した。

    「ネイマールはブラジルで最高の選手だ。しかし現時点ではクラックではない。クラックと呼ばれるカテゴリーに入るためには、世界王者の称号を手にしなければならない」

    ブラジルフットボール界の伝説的選手を引き合いに出したドゥンガ監督は、ネイマールがクラックと呼ばれるためには、試合を決定する働きをもっと多く見せる必要があると考えているという。

    「ペレは10試合のうち6、7試合で勝負を決める活躍をした。ガリンシャもしかりだ。もちろん、フットボールが一段と進化していることにより、プレーは一段と難しくなってきている。
    スペースは少なくなり、マークは厳しくなる一方だ。

    とはいえ、現在のモダンフットボールであっても、違いを生み出す選手として認められるためには10試合のうち5、6試合で勝負を決定付けるプレーをすることが求められる」

    ドゥンガ監督はまた、ブラジル代表がルイス・フェリペ・スコラーリ前監督の下で採用してきたシステムが、ネイマールにとってはベストではなかったとの持論を展開した。

    「ネイマールがブラジル代表において違いを生み出せるよう、新たな戦術を創り出すつもりだ。それは、これまでのように彼にピッチ上での自由を与えることではない」

    http://www.wowow.co.jp/sports/liga/news_140818_1.html

    続きを読む

    続きを読む

    no title


    昨シーズン、プレミアリーグ所属チームのジャージ売上枚数は500万枚近くに上った、
    これは欧州5大リーグのなかで最も多い数字だ。

    しかしアディダスがスポンサーとなっている5チームのなかでトップ10入りを果たしのは1チームだけだ。

    チェルシーは91万枚を売り上げ、これはナイキがスポンサーとなっているアーセナルの80万枚を上回るが、
    マンチェスター・Uの140万枚には遠く及ばない。

    売り上げでは、レアル・マドリードがマンチェスター・Uと首位を分け合ったが、
    クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイル、アンヘル・ディ・マリアといったスター選手揃いであることを考えると不思議ではない。

    トップ10の中ではリヴァプールだけが、スポンサーがナイキでもアディダスでもない。
    またブンデスリーガからは唯一バイエルンがトップ10入り、
    インテルとミランも日本の長友佑都や本田圭佑のおかげでランキングに入っている。

    http://www.ballball.com/ja-jp/article/37831-video-manchester-united-real-madrid/

    各チームの販売枚数

    マンチェスター・ユナイテッド 140万枚
    レアル・マドリード 140万枚
    バルセロナ115万枚
    チェルシー91万枚
    バイエルン88万枚
    リバプール81万枚
    アーセナル80万枚
    ユベントス48万枚
    インテル42.5万枚
    ミラン35万枚



    続きを読む

    444150_heroa

    続きを読む

    続きを読む

    1780236_w2


    サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドが総額1億2500万ユーロ(約171億円)を投じて アルゼンチン代表MFディ・マリア(レアル・マドリード、スペイン)の獲得に動いていると、18日までに英紙デーリーメール、スペイン紙アスなどが報じた。 

    マンチェスターUのファンハール新監督は、今後の補強にセンターDFと中盤選手を想定しており、特にディ・マリアの獲得に積極的だという。
    移籍金は6200万ユーロ(約85億円)、週給20万ポンド(約3400万円)とみられ、週給はイングランド代表FWルーニー、 オランダ代表FWファン・ペルシーというマンチェスターUの主力選手と同格の扱いになるという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00000057-dal-socc

    続きを読む

    2014-08-18-19-39-38
    モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがリヴァプールにレンタルで加入する可能性が浮上した。
    イギリス紙『エクスプレス』は17日、リヴァプールがファルカオに対して週給20万ポンド(約3400万円)のオファーを提示すれば、
    同選手をレンタルで獲得することが可能であると報じた。

    今夏にウルグアイ代表FWルイス・スアレスをバルセロナに放出したリヴァプール。
    チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は先日、「最後までストライカーを加えることを目指す」と話し、新戦力の獲得に動いていることを明言した。

    一方、イギリスの一部メディアは先日、リヴァプールがファルカオの獲得に向けてモナコに打診をしたと伝えた。
    しかし、モナコはフォルカオを狙うクラブに対して、同選手がレアル・マドリード移籍に近づいていると話したとも報じられていた。

    伝えられるところによると、レアル・マドリードはファルカオを獲得するために必要な移籍金の全額を今夏に支払うことを拒んでいる模様。
    そのため、来夏にレアル・マドリードに加入することになりそうなファルカオの今シーズンの去就に関して、モナコはレンタルでの放出を考えているという。
     
    『エクスプレス』によれば、リヴァプールも移籍先の候補となっているが、フォルカオをレンタルで獲得するためには、同選手が求める週給20万ポンド、
    日本円の年俸にして約18億円の給与を支払う必要があるとのことだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00222517-soccerk-socc

    続きを読む

    ROONEYiseki


    マンU・香川、新体制でも苦境続く
    2014.8.18 08:05 [海外サッカー]

     サッカーのイングランド・プレミアリーグが開幕。マンチェスター・ユナイテッドは、 ホームで16日に行われたスウォンジー戦に1-2で敗れ、黒星スタートとなった。
    W杯 ブラジル大会の日本代表、香川真司はベンチ入りしたが出番なし。
    「新たな挑戦で自分を 表現し、欲求不満を晴らしたい」と話していたが、昨季から続く苦境は
    ファンハール監督が 就任した新体制の下でも続いている。

     3-5-2の布陣でスタートし、トップ下の定位置を争うスペイン代表のマタがフル出 場した。
    リードされたこともありヤヌザイ、ナニ、フェライニと攻撃的な選手が投入され、 香川は後半10分すぎに
    1度準備をしただけだった。

     ともにベルギー代表のヤヌザイとフェライニは、監督が「合流したばかりで万全ではない」と話す選手。
    ポルトガル代表のナニも放出候補だ。香川の序列はその3人よりも 低いということになる。

     試合後には誰もいなくなったピッチで、ダッシュやパス練習をしてから引き揚げた。
    日本の背番号10が大観衆の前でプレーする日はいつ来るのか。(共同)

    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140818/scr14081808050003-n1.htm

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ