サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    20140303-00172157-soccerk-000-3-view
    C大阪からスイス1部リーグ、バーゼルに移籍した日本代表FW柿谷曜一朗(24)が16日、
    チームに合流するため大阪空港から出国した。出発前には、同クラブで実績を積んでビッグ
    クラブへの移籍し、さらなる成長につなげる考えを明かした。17日にもスイス入りし、
    早ければ19日の開幕戦(アーラウ戦)でデビューする。

     号泣した惜別セレモニーから一夜明け、柿谷は気持ちを切り替えていた。「これから挑戦する
    スイスで活躍することだけを考えて頑張りたい」。4年後のロシアW杯ではエースとして
    期待されるが、まずは足固め。「早く生活にもチームにも慣れて、バーゼルのために全力で
    プレーしたい」。英語習得のため、家庭教師をつけることも決めた。

     新天地は目標だった欧州だが、スイスは終着点ではない。バーゼルは国内リーグV5の
    強豪だが、強化部長に「ここにとどまる選手とは思っていない」と告げられている。柿谷も
    「ステップアップになればいい」と早くも移籍を視野に入れている。脳裏にはスペイン、
    イングランド、イタリアなど、ビッグクラブのユニホームを描いている。

     空港の荷物検査場を通過する際には、MF山口蛍ら同僚が見送った。集まった約100人の
    サポーターは「曜一朗コール」を届けた。09年6月にJ2徳島へ期限付き移籍で放出され、
    慌ただしく大阪を離れたプロ4年目とは雲泥の差。惜しまれながら旅立つ姿が、成長を
    物語っていた。

     チームには17日に合流予定。入団会見を挟み、19日にはアーラウとの開幕戦を控えている。
    心身ともにきつい日程となるが、「出られる試合は全部出たい」と強行出場にも意欲的だ。
    胸元のネックレスはC大阪で背負った8番を模したものから、バーゼルでつける14番に
    デザインが変わっていた。「チームを勝たせられるように、100%の準備をしたい」。
    大阪発スイス経由ビッグクラブ行き。成功への長い旅が始まった。(角野 敬介)

    http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20140716-OHT1T50304.html

    続きを読む

    451740898-500x347

    2014年7月17日6時0分 スポーツ報知

     【マドリード16日】ブラジルW杯でコスタリカが初めて8強進出した原動力となった
    GKケイロル・ナバス(27)が、スペイン1部レバンテからRマドリードに移籍する
    ことが確実になった。地元各紙が16日に報じた。

     バイエルン(ドイツ)、ナポリ(イタリア)、ASモナコ(フランス)も獲得を目指して
    いたが、本人の意向もあり、移籍金1000万ユーロ(約13億7800万円)でレアルが
    獲得に成功したもよう。レアルGKではスペイン代表カシジャスが残留、ディエゴロペスが
    放出される見込みだという。

    http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20140716-OHT1T50272.html

    続きを読む

    2ca443fb8eb032d2a965e5741506511c



    ブラジル・ワールドカップにドイツ代表の一員として出場し、
    優勝に貢献したレアル・マドリード所属MFサミ・ケディラのアーセナルへの移籍が秒読み段階のようだ。
    スペイン紙『マルカ』が16日に報じている。

    同紙によると、アーセナルは今大会で評価を高めたケディラの獲得に対し、移籍金として2500万ユーロ(約34億円)を準備している模様。
    レアル・マドリードもすでに合意に達していると見られている。

    アルセーヌ・ヴェンゲル監督もクラブにゴーサインを出している模様で、
    最後のネックと見られているのが、ケディラが要求する高額な年俸となっているようだ。

    アーセナルは去年、レアル・マドリードからドイツ代表MFメスト・エジルを獲得。
    今夏は、すでにバルセロナからチリ代表FWアレクシス・サンチェスを獲得しており、ビッグネームの獲得が目立っている。

    7月16日(水)19時56分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00212459-soccerk-socc

    続きを読む

    91417b3e-c021-4fc3-851b-20431a1a8e99
    続きを読む

    418284_heroa

    2億人の恨みは恐ろしい。中には、何をしでかすか分からない無法者もいるだろう。
    そんな恐怖にさらされているのが、コロンビア代表DFスニガだ。

    米テレビ局NBC(電子版)などによると、本人から相談を受けたコロンビアサッカー協会が、
    スニガと家族の保護を同国の外務省に要請。

    さらに、スニガがイタリア・セリエAのナポリに所属していることから、
    同国政府からイタリア当局に働きかけが行われるなど、余波が世界的に広がっている。

    スニガはワールドカップ(W杯)準々決勝のコロンビア-ブラジル戦で、
    「王国の至宝」と言われ、ブラジル国民のアイドル的存在だったネイマールに後方から膝蹴り。
    脊椎を骨折したネイマールは大会からの離脱を余儀なくされた。

    さらに、コロンビア戦を勝ち上がったブラジルは準決勝のドイツ戦でエースを欠き、
    1-7と歴史的な惨敗を喫した。結果的に「ミネイランの惨劇」の遠因をつくったスニガは、
    自国開催のW杯で悲願の優勝を夢見ていたブラジル国民全体の仇(かたき)となった。

    スニガは「通常のプレーで、ネイマールを傷つけようとは思っていなかった。
    彼が早くよくなることを祈っている」と謝罪したが、ネイマールの負傷程度が明らかになるにつれて
    批判や中傷が相次ぎ、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が炎上。

    画像共有アプリケーション「インスタグラム」には6千件以上の書き込みがあった。
    さらに、国際サッカー連盟(FIFA)がスニガに出場停止などの処分を科さないことを発表すると、
    人種差別的な言葉や脅迫、殺害予告など、投稿がエスカレート。
    スニガのイタリアの住所が無断で公開され、「娘に危害を加える」といった悪質な内容のものもあったという。

    韓国紙東亜日報(電子版)によると、1万3千人の構成員を持つブラジル最大の犯罪組織
    「PCC(Primeiro Comando da Capital)」も懸賞金を出して報復を宣言。
    殺害予告が現実味を帯びてきたことから、保護を求めたという。

    1994年W杯米国大会でオウンゴールを決めたコロンビア代表チームのDFエスコバルがごうごうたる非難にさらされ、
    帰国後に同国内の麻薬シンジケートの構成員に射殺された苦い過去を持つ同国政府は
    「サッカー協会はスニガに対するいかなる脅迫や中傷にも屈しない。
    コロンビアとイタリアでスニガの安全を確保するために必要な全ての対策を講じる」との声明を発表した。

    代表チームそのものは今回のW杯ブラジル大会で同国史上最高のベスト8入りを果たし、
    凱旋(がいせん)時に盛大な歓迎を受けたという。

    恨みを持つブラジルをはじめ、海外のネイマールファンから猛烈な非難を浴びるスニガと家族を守れるか。
    かつては麻薬組織などがはびこり、犯罪大国と呼ばれていたコロンビア。
    スニガの安全に、浄化に努めてきた国の威信がかかっている。

    産経新聞 7月16日(水)12時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00000526-san-socc

    続きを読む

    no title
    ドイツ代表チームが優勝祝賀行事でアルゼンチンを馬鹿にして議論が起きている。

    ドイツ紙シュピーゲルは16日、「酒に酔ったドイツ代表チームがアルゼンチンを馬鹿にした」という
    タイトルの記事でこの件を詳しく報じた。

    ドイツ代表チームは15日(韓国時間)帰国し、ベルリンでワールドカップ優勝記念祝賀行事を行った。
    現場には数千名のファンが集結し英雄の帰還を喜んだ。

    しかしこの日、勝利の喜びに酔った何人かの選手が南米チームを侮辱するパフォーマンスを行った。
    ドイツが今大会の準決勝でブラジル、決勝でアルゼンチンに勝って優勝しただけに、より一層問題が
    大きくなっている。

    「事故」を起こした選手たちは決勝戦の決勝ゴールの主人公マリオ・ゲッツェと「伝説」ミロスラフ・
    クローゼを手始めにトニ・クロース、アンドレ・シュールレ、ローマン・バイデンフェラー、
    シュコドラン・ムスタフィら6人だ。

    彼らは祝賀行事の途中、腰を低く下げて互いの肩に手をかけたまま「ガウショ(南米カウボーイ)はこう歩く」と
    歌った。引き続き腰をまっすぐ伸ばしたまま勢いよく走って「ドイツ人はこう歩く」と叫んだ。
    これを何回も繰り返した。南米人を野蛮人と侮辱した、明白な人種差別的行動だ。特にこのような行動が
    優勝祝賀行事という公式的な場で行われたという点がより一層驚くべきことだ。

    画像
    no title


    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=BLpFpzzRYtY



    http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=worldfootball&ctg=news&mod=read&office_id=076&article_id=0002549424

    続きを読む

    327452_heroa

    香川にとって、運命の6日間が始まる? マンU新指揮官、今後が微妙な6人を早期査定へ

    マンチェスター・ユナイテッドMF香川真司の今後が早々に決断されると、
    イギリス『ガーディアン』が報じている。
    昨季プレミアリーグ7位に終わったマンUは新監督ルイ・ファン・ハールを迎え、再起を図る。
    そのオランダ代表をワールドカップ3位に導いた指揮官が、今後が微妙な6人を早期に査定すると、
    『ガーディアン』が伝えている。
    その6人というのが、クリス・スモーリング、トム・クレバリー、ハビエル・エルナンデス、
    ダレン・フレッチャー、アシュリー・ヤング、そして香川である。
    マンチェスターでは16日にファン・ハール監督が到着し、17日にお披露目会見が行われ、
    18日にはアメリカでのプレシーズンツアーに出発する。23日にはMLSのLAギャラクシーと対戦するが、
    そこまでのアメリカでの6日間で、6人の見極めを行うというのだ。
    この6人は現行契約があと2年以内に満了となるが、まだ契約延長のオファーは出されていない。
    補強と予算を含めたチームバランスを取るためにも、早期の判断が必要というわけだ。
    選手たちは16日に新監督と初対面するという。その瞬間から、香川らの勝負は始まる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00010000-theworld-socc

    続きを読む

    no title

    ブラジルの“至宝”ネイマール(22)をヒザ蹴りで腰椎骨折の重傷に追い込んだコロンビア代表DFフアン・スニガ(28)が身の危険に晒されている。
    ブラジルW杯を取材したスポーツライターが語る。

    「4日の準々決勝でネイマールは背後からスニガのチャージを受け、彼のW杯はそこで終わりました。
    すぐさま『首都第一コマンド(PCC)』というブラジルのギャング組織が反応し、『決して許すことはできない』と報復を示唆する声明を出しています。

    PCCは6000人の構成員を擁する凶暴な集団で、警察とも平気でやりあう。
    2006年には警察施設などを襲撃し、警官、民間人あわせて200人近い死者を出す大惨事を起こしています」

    コロンビアと言えば、1994年アメリカW杯でオウンゴールをしたアンドレス・エスコバルが国内マフィアに射殺されるという忌まわしい事件がある。
    それだけにコロンビア側も帰国したスニガに厳重な警備をつけるなど、かなり神経質になっているようだ。

    ネイマールは記者会見でスニガから電話で謝罪があったことを明かしている。しかし皮肉にもこの会見が“スニガ批判”の再燃につながってしまった。
    「彼は『スニガを憎んでない』としながらも『もし2センチずれていたら、僕は今、車イスに乗っていたかもしれない』
    『普通のチャージじゃなかったことは、サッカーファンならわかる』などと複雑な心境を吐露しています。

    ネイマールのいなくなったブラジルは準決勝でドイツに1対7と歴史的な大敗を喫し、3位決定戦でも0対3でオランダに完敗。
    ネットにはスニガの殺害や、娘への乱暴を予告するような悪質な書き込みまであります」(スポーツ紙記者)

    スニガはイタリアのナポリでプレーし、左右どちらともこなせるサイドアタッカーとして活躍。ピッチ内外での評判も悪くない。

    「汚いプレーをする選手というイメージも特にないし、問題児でもない。そんな彼が今回の批判や報復に対する恐怖で、
    精神的につぶされるのではないかと心配する声も出ている。すでにネットでイタリアの住所が晒されており、護衛は続く予定です」(イタリア在住のサッカーライター)

     スニガが心の安寧を取り戻せる日は来るのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140716-00004184-sbunshun-spo#!bfPQal

    続きを読む

    153862907_c



    47歳カズ「僕の夢はW杯に出ること」石巻の被災児童へエール「夢を実現して」

     横浜FCの三浦知良は15日、東日本大震災で被災した児童が通う宮城県石巻市の門脇
    小で講義をし、「夢を実現できるように勉強もスポーツも頑張って」とエールを送った。

     講義には約80人の児童が参加。それぞれの夢をつづった作文を、事前にすべて読んだとい
    う三浦は「どれも素晴らしくて個性的」と話した上で「僕の夢はワールドカップに出ることです」と
    、47歳にしていまだ持ち続けている夢を語った。

     児童からは「サッカーの日本代表選手になりたい」「モデルになりたい」とさまざまな声が上が
    り、講義後には、三浦が全員にタオルやサインをプレゼントした。

     門脇小は震災後、石巻市内の高台にある門脇中に設けた仮設校舎で授業をしている。津波
    で自宅が全壊した小4の小向杏奈さん(10)は「将来は医者になりたい。勉強は得意じゃないけ
    ど、励ましてもらったので頑張ります」と話した。
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/07/15/kiji/K20140715008568960.html

    続きを読む

    no title

    スポーツ報知 7月16日(水)7時5分配信
    内田、チーム勝たせる選手になるため「引き出し増やす」

     シャルケ04で5年目のシーズンを迎える日本代表DF内田篤人(26)は15日、ブラジルW杯での課題をもとにプレーの幅を広げる決意を示した。
    同FW岡崎慎司(28)=マインツ=は、決定力をさらに高めるためにFWの仕事に専念。“便利屋”からの脱却を誓った。
    同FW大迫勇也(24)=1FCケルン=を含め、1次リーグ敗退の悔しさを知る代表3選手が同日、成田空港発の航空機で渡欧。新シーズンに挑む。

     内田が「勝つ術(すべ)」の研究を進める。W杯という1つの区切りを経て、迎えるシャルケ04での5シーズン目。これまで4年の実績と実力で、クラブ内でもすでに相応の地位を築いている。
    「変わらないかな。(プロになって)毎年、勝負と思ってやってきたから、今年も気持ちとしては、勝負と思ってやっていきたい」と緊張感を高めた。

     目標も変わらない。毎年、「チームを勝たせる選手」になることを念頭に置く。ブラジルW杯では3試合フル出場。ザック・ジャパンでは力を発揮できた数少ない選手だったが、チームを勝たせることはできなかった。
    他の選手が「自分たちのサッカーができなかった」を敗因に挙げる中、内田はその言葉を一度も口にせず、違う課題を挙げた。

     「自分たちのサッカーができれば勝てる。でも、なかなかさせてもらえない。そういうレベル」だということを、ドイツや欧州CLを通じて知っていた。だからこそ、違う視線で見ていた。
    「強いチームはうまくいかない時でも、戦い方の引き出しがある。我慢するところは我慢する、とか。日本もそういう戦い方の引き出しや、勝ち癖、勝ち方を持たないと」

     W杯で優勝したドイツには、勝つ術のヒントがたくさん転がっている。「いつも通り」に世界一の国から、吸収していく考え。
    日本代表からの引退も検討しているが、次期監督の意向を踏まえて、答えを出す考えを示した。
    勝たせることのできる選手を目指し、内田が再出発する。(内田 知宏)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140715-00000308-sph-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ