サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    1: YG防衛軍 ★2017/01/17(火) 20:25:26.13 ID:CAP_USER9
    マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表のMFポール・ポグバがレアル・マドリーやバルセロナへの移籍の可能性があったことを、フランスメディア『SFR』のインタビューで明かした。

    ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが所属するレアル・マドリーや、アルゼンチンの天才、FWリオネル・メッシやブラジル代表のFWネイマールが所属するバルセロナへの移籍の可能性があったものの、ポグバはユナイテッドへの愛を貫き、加入を決断した。

    「バルセロナやレアル・マドリーとも契約することはできたが、僕はハートでユナイテッドへ来ることを選んだんだ」

    今冬の移籍市場では、中国スーパーリーグのクラブによる爆買いが相次ぎ、トップ選手が「お金」のために移籍を決断している。ポグバはその路線とは一線を画す。

    「このユニフォームでタイトルを勝ち取りたい。僕がここへ来たのはお金のためではなく、ここでサッカーをしたいからなんだ」

    2012年から4年間、セリエAのユヴェントスでプレーしている間も、ユナイテッドのことを忘れなかった。

    「ここへまた戻ってくるって自分自身に言い聞かせていた。僕が大好きなチームだし、ユナイテッドのおかげで、今の自分のキャリアがある。ここに来たのは自分自身の目標があるからだ。僕にとって大きな挑戦となる」

    ポグバは大好きなユナイテッドで、タイトルを獲得し、世界一を目指すことを誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000008-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/01/17(火) 19:22:05.43 ID:CAP_USER9
    短期連載・今こそ「ジュビロ磐田のN-BOX」を考える(1)

     2016年12月18日に行なわれたクラブ・ワールドカップ決勝。レアル・マドリードと対戦した鹿島アントラーズが、延長戦までもつれ込む好勝負を演じたことは、記憶に新しい。

    だが、今から15年前にも、国際大会でレアル・マドリードに真剣勝負を挑もうとした日本のクラブが存在した。今なお「Jリーグ史上最強のチーム」との呼び声が高い、2001年のジュビロ磐田である。

     その年の夏に開催されるクラブ世界選手権への出場が決まっていた磐田は、レアル・マドリードとの対戦に備え、革新的な戦術・システムを編み出すのだが――。

     これは、幻に終わった世界へのチャレンジと、日本サッカーの理想形を体現してみせた男たちの物語である。

    国立で産声をあげた「N-BOX」

     澄み切った国立競技場の空に、サックスブルーの凱歌が響きわたった。

     2001年4月7日、J1リーグ・ファーストステージ第4節。リーグタイトル奪還に燃えるジュビロ磐田が、前年の三冠チャンピオンである鹿島アントラーズを下して開幕4連勝を飾った。

    スコアは2?1と僅差だったが、内容は磐田の圧勝。当時、試合後のミックスゾーンでさほど多弁ではなかった名波浩を「鹿島に対して、これまでで一番気持ちのいい勝ち方ができた」と饒舌にさせるほどの完勝だった。

    そんな試合内容と同じくらい鮮烈なインパクトを残したのが、この日の磐田が採用した特異なシステムだ。

     メンバーリストには、3人のディフェンダー、5人のミッドフィールダー、2人のフォワードの名前が記されている。いわゆる3?5?2である。ところが、中盤の5人がダブルボランチ、両ウイングバック、トップ下で構成される従来の3?5?2とは大きく異なり、俯瞰して見ると「サイコロの5の目」のように並んでいる。

     右の攻撃的ミッドフィールダーに藤田俊哉、左の攻撃的ミッドフィールダーに奥大介、右のボランチに福西崇史、左のボランチに服部年宏、そして、その4人を結んだ四角形の真ん中に名波がいた。

     一般的な3?5?2におけるウイングバックのような、サイドを主戦場とする選手はひとりもいない。それなのに、ピッチ上ではサイドを含めたあらゆるエリアで磐田の選手たちが数的優位を作り、鹿島の選手に襲いかかってはボールを刈り取っていく――。まるで、磐田がひとり多い人数で戦っているかのようだった。

    当時の磐田の指揮官で、今は日本体育大サッカー部を率いる鈴木政一は、試合後の選手たちの様子を昨日のことのように覚えている。

    「清々しい表情で『今日は本当に楽しかったな』って話しながらピッチから帰ってきたんですよ。『このサッカーをやってきて本当によかった』って。それを聞いて、『よし、やった』って、心の中でガッツポーズしましたよ」

     しかし同時に、選手たちがそれまで不安を抱えながらプレーしていたことを、鈴木はこのとき初めて知った。

    「『ここまで負けてなかったけれど、実は、まるで手応えがなかった』って彼らが言うんです。もちろん、しっくりきていないんだろうということは分かっていましたが、まさかそこまでだったとは。でも、その不安を乗り越えて、よくモノにしてくれたなと」

     最大のライバルとの一戦で、このシーズンから着手したばかりの新戦術、新システムを、彼らはほぼパーフェクトに機能させたのである。

     サッカー専門誌『週刊サッカーマガジン』は、この特異なシステムを「N-BOX」と名付け、この日の磐田の戦いぶりを特集記事としてレポートした。その記事に「N-BOXの産声」というタイトルを掲げて――。

    続きを読む

    1: Egg ★017/01/17(火) 15:17:56.42 ID:CAP_USER9
    アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが加入する中国の上海申花が、
    日本の3部クラブに敗れたと、アルゼンチン『TyCスポーツ』が驚きをもって報じた。

    中国スーパーリーグで昨季4位だった上海申花は、
    MFフレディ・グアリンやMFジョバンニ・モレノ、FWオバフェミ・マルティンスらが所属し、
    昨年末にはテベス獲得を発表していた。週給は76万ドル(約8900万円)とも言われている。

    その上海申花は今月14日、合宿地である沖縄県でJ3のFC琉球とトレーニングマッチを行い、0-2で敗れた。

    この一戦に出場したメンバーなど、詳細は明らかになっていないが、
    『TyCスポーツ』によると、まだ合流していないテベスやグアリン、モレノは出場していなかったようだ。

    それでも、トレーニングマッチだったとはいえ、日本の3部クラブに敗れてしまったことに、
    テベスの母国でも驚きをもって報じられた。

    なお、上海申花は来月8日にACLプレーオフを控えており、
    勝利すればJリーグ覇者の鹿島アントラーズと同組のグループEに入る。

    ゲキサカ 1/17(火) 12:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01635975-gekisaka-socc

    テベスが加入した上海申花、J3のFC琉球に完敗
    https://qoly.jp/2017/01/15/fc-ryukyu-vs-shanghai-shenhua-hys-1

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170117-01635975-gekisaka-000-view.jpg
    no title


    Sin Tevez, el Shangai Shenhua perdio contra un equipo de tercera
    http://www.tycsports.com/futbol/sin-tevez-el-shangai-shenhua-perdio-contra-un-equipo-de-tercera

    FC琉球
    http://fcryukyu.com/

    上海申花
    http://www.shenhuafc.com.cn/

    続きを読む

    1: Egg 2ch.net 2017/01/17(火) 16:22:28.36 ID:CAP_USER9
     日本へやってくる外国人選手の心配材料の1つに地震なども挙げられるが、ノヴァコヴィッチはこれについても

    「私はマグニチュード7.6の地震を経験して怖かったこともあるが、丈夫なマンションに居れば何も起きない」と、問題ないことを強調。ポドルスキのJリーグ挑戦を強く勧めている。

     2018年までガラタサライとの契約が残る中、今冬での去就が注目されるポドルスキ。同メディアでは神戸がポドルスキと年俸800万ユーロ(約10億円)の3年契約を結ぶのではないかと報じている。

    一部抜粋
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01635979-gekisaka-socc

    【サッカー】<ノバコビッチ>ポドルスキの日本行きを後押し!「オファーを受け入れるべき」「ファンは、クレイジーな人はいない」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484633048/

    続きを読む

    1: Egg 2017/01/17(火) 13:00:55.68 ID:CAP_USER9
    昨シーズンまでマンチェスター・Uを率いていたルイ・ファン・ハール氏が、監督業の引退を発表した。
    オランダ紙『De Telegraaf』の報道を引用し、16日、大手メディア『BBC』など複数のメディアが報じている。

    現在65歳のファン・ハール氏は現役時代、アヤックスなどオランダ国内の複数クラブなどでプレー。
    1991年にアヤックスで指導者キャリアを始めると、1994年からリーグ3連覇を達成した。1994-95シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇ももたらしている。

    その後はバルセロナ、バイエルンを指揮し、両チームでリーグ優勝など複数のタイトルを獲得。
    母国オランダの代表監督にも2度就任し、2014年のブラジル・ワールドカップではチームを3位に導いた。2014年夏からはマンチェスター・Uの監督を務め、昨シーズンまで率いた。

    同紙はファン・ハール氏のコメントを掲載。「私はおそらく、(監督業を)やめることになるだろう。
    長期休暇ということになるが、今は監督に戻るつもりはない」と、監督キャリアに終止符を打つ意向を明言した。

    また同氏は、引退を決意した理由についても言及。先月、娘の夫が亡くなったことが1つの原因と明かし、
    「私の家族に色々なことが起きた。より実生活に近い人間に戻るよ」とコメントしている。

    SOCCER KING 1/17(火) 8:41配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00542434-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg 2017/01/15(日) 05:30:05.91 ID:CAP_USER9

    C0AltWcUoAAxKch


     
    鹿島のMF柴崎岳(24)の海外移籍交渉が週明けに本格スタートすることが14日、分かった。

    スペイン関係者らによると、すでに柴崎の代理人が渡欧。
    スペイン紙「アス」が13日付で獲得を検討していると報じた同国1部ラスパルマスとも接触する見込みだという。

    柴崎には同1部ヒホン、同2部バジェカーノ、ヘタフェのほか、ドイツの複数クラブも獲得オファーを検討している。

    柴崎はクラブW杯決勝のRマドリード戦(昨年12月18日・横浜国際)で2得点を挙げ、世界中から注目される存在になった。
    鹿島との契約が1月末で切れるため、移籍に違約金がかからないことも獲得を後押しする材料だ。

    所属する鹿島も海外挑戦については「しょうがない」(クラブ幹部)と容認する方針。
    これまで欧州の移籍市場が開くたびに海外移籍を目指してきたが、最も交渉がまとまりやすい状況が整っている。

    移籍交渉では年俸をはじめとする条件面のほか、評価や起用法についても話し合われることになる。
    柴崎は「海外に移籍できれば、どこのクラブでもいいというわけではない。タイミングというのもある」と話しており、

    移籍先には〈1〉欧州の上位リーグ(中でもスペイン)〈2〉自分の力を必要とされ成長できる環境―という希望を持っている。
    現在、鹿島に正式オファーは届いていないが、海外挑戦は秒読み段階に入ってきた。

    ◆柴崎 岳(しばさき・がく)1992年5月28日、青森・野辺地町生まれ。24歳。野辺地小2年でサッカーを始め、青森山田高2年時の2009年2月に鹿島入りが内定。
    12年にJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞し、日本代表にも初選出された。国際Aマッチ通算13試合3得点。J1通算141試合14得点。175センチ、64キロ。

    ◆ラスパルマス 1949年設立。スペインの首都・マドリードから約2000キロ離れた大西洋に浮かぶグラン・カナリア島に本拠を置く。国王杯準優勝1回(78―79年度)。
    本拠地はエスタディオ・グラン・カナリア(3万1250人収容)。1部昇格2年目の今季は17節終了時で8位。主なOBに元スペイン代表MFバレロン、名古屋などで活躍したFW福田健二ら。

    スポーツ報知 1/15(日) 5:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000006-sph-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170115-00000006-sph-000-view.jpg

    transfer markt Gaku Shibasaki 2,00 Mill. ?
    http://www.transfermarkt.com/gaku-shibasaki/profil/spieler/129693

    【サッカー】<スペイン紙>鹿島アントラーズMF柴崎岳のリーガ移籍を報じるも…顔写真で“崎”違いの痛恨ミス
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484341311/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/01/17(火) 01:50:12.90 ID:CAP_USER9
    Jリーグにスーパースターがやってくる。

    GettyImages-543245340-800x580


    独紙『ビルト』など複数メディアは16日、ガラタサライに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが日本へ移籍すると一斉に報じた。

    中国1部の北京国安からオファーを受けたことなどが伝えられていたポドルスキだが、その可能性は消滅し、移籍先はヴィッセル神戸になるという。
    独紙『エクスプレス』は3年契約で、年俸はボーナス込みで800万ユーロ(約9億6000万円)にもなると記している。

    ポドルスキはドイツ代表の一員として2014年のブラジルW杯優勝に貢献し、代表通算129試合48得点という実績を誇る。
    クラブレベルではケルンやバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、インテルなどで活躍した。

    昨季から在籍するガラタサライでは主力として活躍していたもの、今季は負傷などもあってリーグ戦では10試合の出場、そして3ゴールを挙げるにとどまっていた。
    6月に32歳を迎えるベテランストライカーは現所属クラブとの契約を1年残して環境を変えることを決断したようだ。

    Jリーグは今季から外国人枠の拡大を決定しており、各クラブは国籍に関係なく5人の外国人選手を保有できる
    (ベンチ入りできるのは従来と変わらず、出場枠3人+アジア枠または提携国枠の1名)。

    このルールに照らし合わせると神戸は外国人枠を1つ余らせており、ポドルスキの登録に障害はない。

    昨季Jリーグ得点王のレアンドロ、ブラジルで実績十分のニウトンとウエスクレイ、
    韓国代表の正GKキム・スンギュを擁するチームはW杯王者の加入でさらに強さを増し、J屈指の破壊力を誇る陣容を完成させようとしている。

    フットボールチャンネル 1/17(火) 1:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010001-footballc-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170117-00010001-footballc-000-view.jpg
    http://www.express.de/image/25558498/2x1/940/470/62d34b0defe4d31f0a8e5f4872f53bd4/jH/lukas-podolski-japan.jpg

    エキスプレス紙 Sayonara Poldi? Japan-Klub macht Podolski dieses Mega-Angebot ? Quelle: http://www.express.de/25558452 c2017
    http://www.express.de/sport/fussball/sayonara-poldi--japan-klub-macht-podolski-dieses-mega-angebot-25558452

    続きを読む

    1: あちゃこ  2017/01/17(火) 10:07:44.07 ID:CAP_USER9

    CsFQRAbVUAAu8DW

     
    Football ZONE web 1/17(火) 8:28配信

     日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、現地時間16日の
    リーグ敵地トリノ戦で2-2の引き分けとなった。ベンチスタートの
    本田に出番は訪れず、2017年に入りまだ出場機会を手にできていない。

     先にゲームを動かしたのはトリノだった。前半21分、ミランの
    左サイドを突破したMFイアゴ・ファルケがマイナスに戻したパスを、
    MFアデム・リャイッチがミドルで狙った。シュートは全くヒット
    しなかったが、そのボールに反応したFWアンドレア・ベロッティが
    コースを変えてゴールに流し込んだ。

     さらにトリノは同26分、ミランゴール前の混戦からベロッティがボールをキープ。
    そこから生まれたミドルシュートを、MFマルコ・ベナッシが
    ヒールキックでコースを変えてゴールに流し込んだ。同じような
    得点パターンで、トリノが2-0とリードを広げた。

     続く同31分には、トリノDFアントニオ・バッレーカが左サイドを突破して
    ペナルティーエリアに侵入したところでミランDFイニャツィオ・アバーテが
    倒してPKの判定。しかし、決まれば試合の行方が決するかというリャイッチのPKを、
    ミランGKジャンルイジ・ドンナルンマが止めた。中央へのキックを読み切り
    一歩も動かずに弾くと、こぼれ球に反応したファルケのボレーシュートも
    枠を外れた。ミランは九死に一生を得て、2点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

    全文
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010001-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し2017/01/17(火) 08:20:18.59 ID:fyYOd0z+0
    今までのロゴ
    no title

    新ロゴ
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2017/01/16(月) 18:54:04.17 ID:CAP_USER9
    ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也がドイツ『キッカー』のインタビューに応じ、今シーズン好調の要因について語っている。

    大迫は現在、膝のケガで戦線を離脱しているものの、今週には練習に復帰すると見られている。昨シーズンは年間で1ゴールという不本意な結果に終わったが、今シーズンはここまでリーグ戦で2ゴールを挙げるなど見事な“カムバック”を見せた。大迫は、昨シーズンは難しい立ち位置に置かれていたとしつつ、今シーズンの好調の要因について明かしている。

    「中盤でプレーしたことはなかったんですけど、昨シーズンはそこでやっていたので難しかったですね。プレシーズンではサイドもやらないといけなかったりして、すべてが僕にとって新しかったです」

    「今シーズンは試合をよりリードしていると感じていますし、もっと得点を挙げたいですね。ゴールも決めたいし、アシストもしたい。チームの成功にもっと貢献できたらと思います」

    また、日本とドイツの違いについても触れ「日本人はよりテクニックに長けていて、ドイツ人はフィジカルという感じですね」と話しながら、文化的な差異についても言及している。

    「日本では年長者がより尊敬されます。ドイツでは異なりますね。日本では若手が結局先輩のようになる可能性が高い。ここではそんなことありません」

    ユースではなく、高校サッカーからプロの道へと進んだ大迫。それだけに、部活の縦社会は身体に染み込んでいるはずだが、ドイツではそういったことはなく、衝撃を受けたようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000016-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ