サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    9: 名無しさん@恐縮です@^^ 2016/12/05(月) 03:09:08.29 ID:rdInCoHG0

    2dcac_1469_dcef4fda_2ebe292f

     
    85分 フェライニ投入 
    87分 フェライニPK献上 

    wwwwwwwwwwwwwww
    続きを読む

    1: れいおφ 2016/12/05(月) 12:28:12.35 ID:CAP_USER9
    現役高校生モデル・大友花恋が「全国高等学校サッカー選手権大会」の12代目応援マネージャーに就任しました。
    この応援マネージャーは、今までに堀北真希をはじめ、新垣結衣、川口春奈、広瀬すずなどが歴任し、
    その後に大ブレイクを果たしているというまさに人気女優への登竜門。

    堀北やガッキーの“後輩”となった大友も、ブレイク必至の注目株です!

    広瀬すずと双子みたいなツーショット
    大友は小学6年だった2012年に芸能界入りし、翌年にはファッション雑誌「セブンティーン」の専属モデルに起用されるなど、
    キュートなルックスで人気に。17歳になった現在は、可愛らしさの中に凛とした目元が魅力のひとつで、大人っぽい雰囲気さえ漂わせています。

    同世代の友人で「セブンティーン」のモデル仲間でもある広瀬すずとのツーショット写真をブログでたびたび公開していますが、
    双子コーデの写真はまさしく本物の双子かと思えるほどで、瞬く間に評判となりました。
    また、今年10月に発売されたファースト写真集「Karen」では水着姿も初披露。
    グアムの砂浜を笑顔で駆け回ったり元気な姿だけでなく、しっとりと艶っぽい表情やセクシーなショットも披露し、新たな魅力も垣間見せました。

    胸キュンドラマに大反響
    女優としても2012年放送のドラマ「結婚同窓会~SEASIDE LOVE~」(フジテレビTWO)でデビューし、
    中学生のときに出演した日本テレビ系「悪魔ちゃん」の生徒役では、クラスの中でもひときわ可憐なルックスで話題になったので
    「ああ、あの子か!」と覚えている人も多いかも。

    そして2015年放送のフジテレビ系「恋仲」に出演したのは16歳のとき。見た目もグッと大人っぽくなり、
    目が早いファンに「あの子は誰だ?」と見つかりはじめました。
    また今年はウッチャンナンチャンの内村光良が原作・脚本・監督・主演を務めた映画『金メダル男』(10月より公開中)に出演するなど、
    話題作への起用が続いています。

    そして何より近々のブレイクを予感させたのが今年7月の「FNS27時間テレビ」内の企画「番組対抗スカッとジャパン国民投票フェス」。
    「痛快TVスカッとジャパン」の再現VTRで学生時代の恋愛を描く「胸キュンスカッと」シリーズに出演している大友は、
    俳優でモデルの横浜流星と高校の同級生役で共演。2人の甘酸っぱい胸キュン恋愛ストーリーに、
    VTRを観ていた出演者たちはメロメロ。さらにラストの夏祭りでの告白シーンはなんと生放送で繰り広げられ、ネット上でも

    「キュンキュンしまくり 私に足りない胸キュンをたくさん ありがとーーーーー」
    「胸キュンスカッとやばい! 最高やわ!かれんちゃんかわいすぎ!めっちゃキュンキュンしたー!」
    「胸キュンスカッとの女の子めっちゃ可愛い!未来の石原さとみっぽい!!」
    などなど大反響を呼び、視聴者投票で最高得点を獲得しました。

    “先輩”は堀北真希に新垣結衣、広瀬すず…
    じわじわと機運が高まってきた中での12代目応援マネージャー就任。ところでこの応援マネージャーは2005年の堀北真希が初代ですが、
    その後も新垣結衣、北乃きい、逢沢りな、川島海荷、広瀬アリス、川口春奈、大野いと、松井愛莉、広瀬すず、そして昨年の永野芽郁、という面々。
    どうです? この“ハズレ無し”の売れっ子ばかりの顔ぶれ。人気女優の登竜門と言われるのも頷けますが、
    つまり応援マネージャー就任は、ブレイクの切符をほぼ手中にしたようなもの! と言ってもいいんじゃないですかねー。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00010000-dmenueiga-movi

    10月5日に発売したファースト写真集 「Karen」
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20161205-00010000-dmenueiga-000-2-view.jpg

    大友花恋
    no title

    no title

    no title

    http://alice36.com/wp-content/uploads/2016/08/tumblr_n63tov3MnW1qz7n6lo1_1280.jpg
    http://www.ken-on.co.jp/img/artists/imgactf_otomo_l.jpg

    続きを読む

    1: Egg ★2016/12/05(月) 11:48:07.19 ID:CAP_USER9
    サポーターからは吉田に高い評価
    225635hp2




    サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也にとって厄介なのは、ポルトガル代表のジョゼ・フォンテとオランダ代表のフィルジル・ファン・ダイクのセンターバックコンビだ。2人ともビッグクラブから注目されるほど優秀なセンターバックで、吉田は彼らに次ぐ3番手との立ち位置だ。しかし、その状況が変わりつつあるのかもしれない。

    サウサンプトンは3日にクリスタル・パレスと対戦し、0-3で敗れた。この試合でもフォンテとファン・ダイクが揃って先発しているが、英『Daily Mail』はフォンテにチームで2番目に低い5・5点の厳しい評価を下している。サポーターもフォンテのパフォーマンスには納得していないようで、一部のサポーターからは3番手の吉田をスタメンに推す声も挙がっている。

    「吉田はフォンテより上手くプレイしている。彼が上に立つべきだ」

    「フォンテの移籍を気にすることはない。吉田はオールラウンドの良い選手だ」

    「今の吉田はワールドクラスだ」

    など、今季カップ戦を中心に好パフォーマンスを見せている吉田を評価する意見が出ている。吉田は主に国内カップとヨーロッパリーグでプレイしているが、先日2-0で勝利したアーセナル戦でも評価は高かった。フォンテにはマンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているとも言われるが、今の状態の吉田がいれば問題ないと見ているサポーターもいるようだ。

    果たして吉田がフォンテからスタメンを奪い取る時は訪れるのか。ファン・ダイクの評価は相変わらず高いが、ファン・ダイク&吉田のコンビに切り替わる日がくるかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/5(月) 10:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00010003-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/05(月) 04:10:46.15 ID:CAP_USER9
    [12.4 ブンデスリーガ第13節 アウクスブルク1-1フランクフルト]

     ブンデスリーガは4日、第13節3日目を行い、MF長谷部誠の所属するフランクフルトは敵地でFW宇佐美貴史所属のアウクスブルクと対戦し、1-1で引き分けた。長谷部は2試合ぶりに3バックのリベロで先発し、6試合連続のフル出場。5試合連続ベンチスタートの宇佐美は後半29分からピッチに入り、2試合連続で途中出場した。

     前節・ドルトムント戦(2-1)は4試合ぶりに本職のボランチで先発した長谷部だが、この日は再び3バックの中央に入った。前半11分には最終ラインのビルドアップで長谷部の横パスからDFダビド・アブラムがロングフィード。FWアレクサンダー・マイヤーが頭で落としたボールをFWブラニミール・フルゴタがワントラップから左足を振り抜き、低い弾道のミドルシュートをゴール右隅に突き刺した。

     1点を追う展開となったアウクスブルクも前半34分、右CKのセカンドボールに反応したFWチ・ドンウォンが右足一閃。PA手前からゴール左隅に叩き込み、1-1の同点に追いついた。同点で折り返した後半も両チームにチャンスがあったが、後半4分、チ・ドンウォンの鮮やかなループシュートはその前にオフサイドの判定。フランクフルトも同22分にマイヤーが決定機を迎えるが、シュートはゴールライン上でDFコンスタンティノス・スタフィリディスにクリアされた。

     アウクスブルクは後半29分、最初の交代カードでMFフィリップ・マックスに代えて宇佐美を投入。宇佐美は2列目の左サイドに入り、攻撃の起点になろうとするが、局面を打開することはできない。結局、互いに最後まで決め手を欠き、1-1のままタイムアップを迎えた。フランクフルトは7試合負けなし(4勝3分)としたが、連勝は3で止まり、順位も一つ落として5位に後退。アウクスブルクは3試合連続ドローとなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-01634018-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ  2016/12/03(土) 23:27:54.40 ID:CAP_USER9

    CyxIKL2UcAENl6I

     
    Manchester City 1-3 Chelsea

    1-0 45分 OG(Gary Cahill)
    1-1 50分 Diego Costa
    1-2 70分 Willian
    1-3 90分 Eden Hazard

    97分 Sergio Aguero(Man C) 退場
    98分 Fernandinho(Man C) 退場

    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/manchester-city-vs-chelsea/1-2252315/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★2016/12/05(月) 00:05:03.41 ID:CAP_USER9

    Cq0yJc9UsAAkzwr

     
    スポニチアネックス 12/4(日) 23:55配信

     ◇セリエA第15節 ACミラン2―1クロトーネ(2016年12月4日)

     ACミランのビンチェンツォ・モンテッラ監督が、2―1で勝利した4日のホーム・クロトーネ戦後の会見で、決勝弾を“演出”した日本代表FW本田圭佑を賞賛した。

     本田は1―1後半36分にニヤンと代わってピッチへ入り、左FWでプレー。同41分に左サイドで得たFKを左足でペナルティーエリア内に蹴り込むと、DFに当たったボールをFWラパドゥーラが蹴り込んだ。それ以外にも本田は後半41分に左サイドからドリブルで仕掛けるなど、積極的なプレーを展開。

     これにはモンテッラ監督は「彼はプロフェッショナルな選手。きょう、彼の左FWでのプレーは私も気に入った」と喜んだ。

     指揮官は先日「スソの持つプレーの特性に近く、現在はあのポジション(4―3―3の右FW)の2番手」と明言した上で「現在のフォーメーションでは他のポジションでやらせるとも考えていない」と別の位置へのコンバートも考えていないことも明かしていたが、この日のプレーで右だけでなく左FWの位置でも今後起用される可能性が浮上。苦難続きだった本田にとってこの日のプレーは、今後の状況が好転する可能性も出てきた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000190-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@2016/12/05(月) 00:41:24.81 ID:CAP_USER9
    第14節 12/4(日)22:30 バイタリティ・スタジアム

    Cy1-xH6WIAEq-St


    AFCボーンマウス 4-3 リヴァプール

    0-1 サディオ・マネ(前半20分)
    0-2 ディヴォック・オリジ(前半23分)
    1-2 カラム・ウィルソン(後半11分)
    1-3 エムレ・ジャン(後半19分)
    2-3 ライアン・フレイザー(後半31分)
    3-3 スティーヴ・クック(後半34分)
    4-3 ネイサン・アケ(後半48分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927713

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2016/12/04(日) 22:33:31.94 ID:CAP_USER9
    第15節 12/4(日)20:30 スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ

    no title


    ACミラン 2-1 クロトーネ

    0-1 ディエゴ・ファルチネッリ(前半26分)
    1-1 マリオ・パサリッチ(前半41分)

    ニアンPK失敗(後半8分)
    ニアン → 本田圭佑(後半36分)

    2-1 ジャンルカ・ラパドゥーラ(後半41分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10931304

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/04(日) 21:29:35.27 ID:CAP_USER9
    CS決勝の激闘から一夜明けた4日、獲得オファーの件について本人が口を開く
     
    浦和レッズの日本代表DF槙野智章が、中国の広州恒大から獲得オファーを受けている件について口を開いた。
    浦和はすでに天皇杯敗退が決まっており、チャンピオンシップ(CS)決勝の激闘から一夜明けた4日は今季のシーズン最終日。
    各選手はミーティング後にクラブハウスの整理などを行ったが、その後に槙野は取材に応じた。

    「最近、ヨーロッパのクラブから名前のある選手が中国に行っている傾向はある。
    お金と思われても仕方ないかもしれないけど、それだけの力が中国全体で上がってきている。

    それはACL(アジア・チャンピオンズリーグ)を見てもそう。いざ、自分がそういうところに名前が挙がるということを考えても、真摯に向き合わなくてはいけない。
    このクラブで成長してきたものもあるし、ゆっくり話を進めていかなくてはいけない」

    近年は“爆買い”という言葉も飛び交うほど、欧州トップレベルのクラブから中国クラブへの移籍が続いている。
    話に上がった広州恒大も、今季の開幕に向けてアトレチコ・マドリードからコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスを5500万ユーロ(約62億円)で獲得したとされた。

    これは、浦和の年間収入とほぼ同額となる。それだけの資金力を持つクラブであり
    ブラジル代表を率いてワールドカップも勝ち取ったルイス・フェリペ・スコラーリ監督から直々の指名だともされている。

    「評価してもらえるのは嬉しい」と語るも…
     
    槙野は「選手として評価してもらえるのは嬉しいことだし、
    今年は実際に広州とも対戦していますからね」としたうえで、慎重な姿勢も見せた。

    「年齢的なこともあるし、自分が何を第一に考えて選択するかということもある。
    一度ヨーロッパに行って帰ってきている身として、慎重になる部分はある」

    現在29歳の槙野は来季のシーズン中に30歳の誕生日を迎える。
    2011年にドイツ・ブンデスリーガのケルンに移籍して出場機会を得るのに苦しんだ経験も踏まえ、去就については熟考を重ねるようだ。

    Football ZONE web 12/4(日) 20:57配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161204-00010024-soccermzw-socc

    浦和DF槙野がPK献上を悔やむ「跳ね返す力と我慢する力がなかった」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00010004-goal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ  2016/12/04(日) 02:06:05.07 ID:CAP_USER9
    ◇プレミアリーグ レスター1―2サンダーランド(2016年12月3日)

     レスターの日本代表FW岡崎は敵地でのサンダーランド戦に途中出場し、今季リーグ戦2得点目を挙げた。

    0―2とリードされた後半23分にアルジェリア代表FWスリマニに代わってピッチに立つと、その12分後に左サイドを突破したMFグレイのクロスを相手DFと競り合いながらも左足で合わせネットを揺らした。

     チームに反撃ムードを呼び込んだが試合はそのまま1―2で終了。レスターは最下位相手に不覚をとり、今季はやくも7敗目を喫した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000164-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ