サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    1: YG防衛軍 ★ 2017/01/20(金) 21:24:57.64 ID:CAP_USER9

    48576d9c

     
    レアル・マドリーは18日のコパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグでセルタに1-2と敗れた。それにより、サポーターが怒りを爆発させている。

    昨年4月4日から40戦連続無敗記録を続けてきたレアルだが、15日のリーガエスパニョーラ第18節セビージャ戦(1-2)でその記録が途絶えた。そこから立て直すことができず、本拠地サンティアゴ・ベルナベウのセルタ戦でもまさかの敗戦を喫している。

    批判の矛先は、真っ先にセルタ戦で無得点に終わったFWクリスティアーノ・ロナウドに向けられている。サポーターはスペイン『アス』の取材に対してポルトガル代表FWに痛烈な言葉を浴びせた。

    「もし中国の億万長者から1億ユーロのオファーが届いたら、クリスティアーノはすぐに移籍すべきだ」

    「クリスティアーノはリラックスし過ぎている。彼は中国に行くべきだね。そのお金でレアルは新しい選手を獲得すればいい。そうだね、(ロベルト)レヴァンドフスキなんかいいんじゃないかな」

    「クリスティアーノは新しい恋人ができて、(サッカー以外のことを)いろいろ考えているんじゃないかしら。ちょっと集中力が欠けているように見えるわ」

    また、ジネディーヌ・ジダン監督の采配にも疑問が投げかけられている。

    「9番の位置はクリスティアーノのポジションじゃない。今シーズンの彼はスピードを失っているけど、それでもサイドでプレーして18ゴールを挙げているんだ」

    「クリスティアーノは衰え始めている。そろそろ彼の出場機会を調整することを考えなければいけない。出番が来た時に、トップフォームでプレーするためにね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000001-goal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@2017/01/21(土) 23:36:38.23 ID:CAP_USER9

    C2s7wppVEAAXbxB


     
    リヴァプール 2-3 スウォンジー

    0-1 48' ジョレンテ
    0-2 53' ジョレンテ
    1-2 55' ロベルト・フィルミーノ
    2-2 69' ロベルト・フィルミーノ
    2-3 74' シグルズソン

    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/liverpool-vs-swansea-city/1-2252396/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/01/21(土) 17:08:44.29 ID:CAP_USER9

    no title

     
     1月20日、ブンデスリーガが再開する。

     前半戦は6位と苦しんだドルトムント。香川真司もまた不調に襲われ、結果を出せずに折り返しを迎えた。リーグ戦では16試合中、先発したのはわずかに7試合。フル出場は開幕戦だけで、得点は0だった。ドイツ杯1回戦では2得点を挙げているが、格下の相手だということを考えれば評価の対象外だ。

    【写真】こちらのブンデス組も復帰が見えた

     香川は9月ごろから断続的に右足首の不調を訴えていた。原因は骨挫傷とのことで、足首の水を抜いたことも明かしている。ただ、16年の最終戦となったアウクスブルク戦では先発復帰しており、コンディション的には問題がないと見るのが自然だろう。

     1月上旬、スペインのマルベージャで行なわれた合宿では順調にメニューをこなしたようだ。PSV戦、スタンダール戦と練習試合に先発。PSV戦では得点を挙げ、スタンダール戦でも得点に絡んだ。最後の調整試合となった17日のパーダーボルン戦でも先発し、64分までプレー。得点こそなかったが、トーマス・トゥヘル監督の構想にきっちり入っていることがうかがえた。

     ドルトムントの台所事情はまだまだ苦しい。攻撃陣では大黒柱のオーバメヤンがアフリカネイションズカップのために不在。ガボンの結果次第だが、最長で2月5日の決勝まで拘束される可能性があり、攻撃陣は手薄だ。

     ウスマン・デンベレもスペイン合宿中のケガで開幕戦は微妙と報じられており、パーダーボルン戦も出場しなかった。当面はクリスチャン・プリシッチ、エムレ・モルあたりが香川のライバルとなりうるが、現状では彼らを抑えて香川が起用されている。また、最終ラインではソクラティス、スヴェン・ベンダーが練習試合で立て続けに負傷しているのも気になるところだ。

     ドルトムントの基本布陣は前半戦と変わらず4-3-3になる見込みで、香川はユリアン・ヴァイグル、ゴンサロ・カストロと中盤の3枚に入ることになる。一方、前線の3枚は、マルコ・ロイスが復帰し、アンドレ・シュールレ、マリオ・ゲッツェと抜群の呼吸を見せている。コンビネーションが見られるようになったことから、個人技による攻撃が多かった前半戦に比べると、香川にとってはやりやすい環境だろう。

     とはいえ、早期に結果を出して指揮官を納得させないかぎり、ポジションが簡単に奪われる厳しさは変わらない。

     気になるのは、ポルトガル代表ラファエル・ゲレイロの使われ方だ。ニューフェイスながら、ドルトムントが今季序盤に見せた快進撃のまぎれもない立役者であり、香川の最大のライバルだ。インサイドハーフに入ってサイドバックを使い、サイド攻撃と守備のバランスを実現させるトゥヘルお得意の手法で輝いた。

     負傷で離脱していたゲレイロの復帰はおそらく近い。PSV戦では出場がなかったが、スタンダール戦、パーダーボルン戦と、いずれも香川と途中交代する形で出場している。それだけに、香川は存在感を発揮する必要がある。

     トゥヘル監督は「今季の目標は3位以内」と、ドイツメディアによるインタビューに答えている。前半戦の6位から、今後はドイツ杯やチャンピオンズリーグを戦いながら順位を上げていかなくてはいけないが、この冬は大きな補強もなく、負傷者が相変わらず多い。

     メディアとの関係も微妙なものがある。表面的には円滑で、古株記者たちも「問題はないよ」と言うが、これまでトゥヘル批判を繰り返してきたキッカー誌などはその姿勢を崩しておらず、批判めいた記事は減らない。求心力のあったユルゲン・クロップ前監督と比較されてしまうことには同情の余地もあるが、どことなく不穏な空気は絶えず流れている。

     クロップ時代の終盤、指揮官が迷走を始めると、香川は「この人でもこういう風になるんだと思った」と語っていた。現在、香川がトゥヘルに関して言及することはない。

     いずれにせよ後半戦、香川の出場機会は増えそうだ。チャンスを与えられている間にどのような結果を残せるか。そこから勝負が始まる。

    了戒美子●文 photo by Getty Images

    webスポルティーバ 1/21(土) 8:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170121-00010000-sportiva-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/01/21(土) 16:54:25.06 ID:CAP_USER9
    『italiacalcio24』は16日、アトレティコ・ナシオナルのアルゼンチン人GKフランコ・アルマーニにユヴェントスが接触を図っていることを報じた。

    現在30歳のアルマーニは、190cm近い恵まれた体格ながら非常に高い運動能力と反射神経を併せ持ち、ハイボールへの対処、ブロックなどにも優れたGKである。

    母国では下部リーグでのプレー経験しか持たないものの、2010年にコロンビアの名門アトレティコ・ナシオナルに加入して以降、国際的にブレイク。昨年はコパ・リベルタドーレスの優勝に大きく貢献し、先月日本で開催されたクラブワールドカップでも守護神を務めた。

    現在、南米で最も優秀なGKの一人に数えられる彼にはボカ、リーベルなどが興味を示しているとも伝えられるが、『italiacalcio24』は独占情報として、ユヴェントスが現在38歳のGKジャンルイージ・ブッフォンの後釜に考えているとのことだ。

    アルマーニはこの報道を伝えられると「光栄だ」と答え、ブッフォンについて「偉大なGKで、彼のキャリアや経験を尊敬している」と話した。

    http://qoly.jp/2017/01/21/juventus-eye-franco-armani-hys-1

    続きを読む

    1: 以下でVIPがお送りします 2017/01/20(金) 22:41:33.751 ID:AP8YNKCT0
    no title


    どの娘マークする?

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/01/21(土) 12:34:09.00 ID:CAP_USER9

    CtI4WXXUsAE0LlE


     
    トップクラスのタレントが揃うプレミアリーグのMFベスト20人。

     英紙『テレグラフ』は、今シーズンここまでのプレーデータをもとに「プレミアリーグのベストMF20人」を選出している。
     
     今シーズンはユベントスからマンチェスター・Uに加わったポール・ポグバやドルトムントからマンチェスター・Cに移籍したイルカイ・ギュンドアンなど、好タレントが加わり、プレミアリーグのMF陣はクオリティーが高まった印象が強い。
     
     そんなMF陣の中でベスト20人に選ばれたのは、一体誰なのか?
     
    ――◆――◆――
     
    No.20
    ヴィクター・ワニャマ(トッテナム)
    20試合・1得点・0アシスト
    パス総数:1212本(成功率88%)
    シュート数:25本(枠内9本)
    インターセプト数:26回
    平均走行距離:10.98km
     
     マウリシオ・ポチェティーノが昨夏に獲得したワニャマは、トッテナムのスタイルにほぼパーフェクトにマッチ。そのボール奪取力は抜群の信頼を得て、ピッチの中心に君臨している。
     
    No.19
    マット・フィリップス(WBA)
    20試合・4得点・8アシスト
    パス総数:368本(成功率68%)
    シュート数:34本(枠内8本)
    インターセプト数:14回
    平均走行距離:9.99km
     
     フィリップスは素晴らしいシーズンを送っており、それがWBAが8位と安定している要因の1つでもある。彼がパスを供給すれば、高確率でゴールに繋がっている。
     
    No.18
    ムサ・デンベレ(トッテナム)
    13試合・0得点・0アシスト
    パス総数:685本(成功率91%)
    シュート数:8本(枠内1本)
    インターセプト数:8回
    平均走行距離:8.73km
     
     デンベレがピッチの真ん中でボールを持てば、まず失うことはない。そのキープ力にチームメイトのカイル・ウォーカーは「練習での彼は嫌い。本当にイライラするよ。ボールを奪えないからね」と明かしている。そしてパスも恐ろしいほど正確だ。
     
    No.17
    ギルフィ・シグルドソン(スウォンジー)
    21試合・5得点・6アシスト
    パス総数:613本(成功率28%)
    シュート数:63本(枠内28本)
    インターセプト数:18回
    平均走行距離:11.2km
     
     スウォンジーはシグルドソンが試合からいなくなった時、より苦労することだろう。今シーズンの彼のパス精度は決して高くはないが、それはプレミアリーグで最下位に沈んでいるスウォンジーでプレーしているからでもある。別のチームであれば、その精度は間違いなく上がるはずだ。
     
    No.16
    イドリッサ・ゲイエ(エバートン)
    19試合・0得点・1アシスト
    パス総数:1128本(成功率85%)
    シュート数:14本(枠内2本)
    インターセプト数:44回
    平均走行距離:10.63km
     
     今シーズンのグディソン・パーク(本拠地)で大当たりしたヒーロー。ゲイエは昨シーズン、ブレイクしたエヌゴロ・カンテ(チェルシー)のような存在で、ここまでに成功させたタックル数93回は、プレミアリーグで一番だ。

    No.15
    ネマニャ・マティッチ(チェルシー)
    20試合・0得点・6アシスト
    パス総数:1190本(成功率88%)
    シュート数:9本(枠内2本)
    インターセプト数:33回
    平均走行距離:10.75km
     
     大きく躓いた昨シーズンのチェルシーにおいて、その戦犯に挙げられた一人。しかし、今シーズンは最高に近い状態に戻り、攻守においてキーマンとなっている。彼のパス能力とプレービジョンはチームに欠かせない。
     
    No.14
    ロバート・スノッドグラス(ハル)
    20試合・7得点・3アシスト
    パス総数:709本(成功率83%)
    シュート数:39本(枠内17本)
    インターセプト数:9回
    平均走行距離:11.09km
     
     最近はウェストハムへの移籍の噂が上がっているスノッドグラスだが、彼の創造的なプレーを見れば、なぜ他クラブが欲するのかが分かるだろう。彼は素晴らしいフリーキッカーで、自らスペースを見つけてシュートに持ち運ぶことができる。走量は彼の懸命さを示している。
     
    No.13
    メスト・エジル(アーセナル)
    18試合・5得点・3アシスト
    パス総数:1132本(成功率86%)
    シュート数:27本(枠内9本)
    インターセプト数:11回
    平均走行距離:9.86km
     
     彼は“スーパープレミアム”な演出家で、偉大なアーセナルがエリート集団であることを証明する存在でもある。しかし、今シーズンはよりゴールに近いポジションを与えられているが、目を見張るような結果は残せていない。
     

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/01/21(土) 15:03:31.13 ID:CAP_USER9

    116743

     
    20日、『Express』は「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、オランダ代表FWメンフィス・デパイを退団させた理由を語った」と報じた。

    今季あまり多くの出番を獲得できていなかったデパイは、冬のマーケットでリヨンへと移籍することが決まった。違約金は2500万ユーロ(およそ30.5億円)と高額だが、買い戻し条項が付随しているとのこと。

    モウリーニョ監督は彼の退団を許したことについて以下のように話し、ただそのポジションに人が多すぎただけだと語った。

    ジョゼ・モウリーニョ

    「メンフィス・デパイは素晴らしいプロフェッショナルだった。

    したがって、誰かが『デパイは働いていなかった、素晴らしいプロフェッショナルではなかった』と考えるのは完全に間違っている。

    とんでもない車に誰かを乗せていたり、独特のファッションをしていたりする幾つかの写真があった。しかし、そのイメージは完全に間違っている。

    あの男は素晴らしいプロフェッショナルである。彼は誰もに尊敬される少年だ。仕事をしようとしていた。それができなかったから不満を持った。しかし、私は彼についてはいいことしか言えなかった。

    もし(退団に関する)何らかの理由を見つけ出そうとすれば、選手が多すぎるポジションであったからだとしか言えない。

    彼はウインガーであり、そこには選手が多すぎた。したがって、そこでチャンスを得るのはより難しいことだった。2番手になるのも難しかった。そこに問題がなかったからだ。

    我々にはリンガード、ムヒタリャン、マタ、ヤング、マルシャル、ラッシュフォードがいた。ローテーションをしたい時でも難しいポジションだ。

    選手を休ませたいときにはローテーションをしていたが、2つのポジションに7名の選手がいるような状況だった。

    私が言えるのは2つだけだ。彼はファンタスティックなプロフェッショナルで、一方でそのポジションには選手が多すぎた」

    http://qoly.jp/2017/01/21/jose-mourinho-talked-about-releasing-memphis-depay-kgn-1

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/01/21(土) 11:58:33.66 ID:CAP_USER9
     「恐れるものなど何もない」

    C2QhqymUsAAZ1NU


     アウェイでのプレミアリーグ21節マンチェスター・ユナイテッド戦を前に、リバプールのユルゲン・クロップ監督は言っていた。似たことがメディアで盛んに言われたのは、今季前半戦の10月。マンUは、ホームでのストーク戦(1-1)とバーンリー戦(0-0)を含むリーグ戦4試合で1敗3引き分けに終わり、巷では新監督のジョゼ・モウリーニョが「もはや“スペシャル”ではない」と言われてもいた。

     同月末のリーグ順位は8位。後半戦2試合目でホームにリバプールを迎えた時点では6位。2つしか順位を上げられないまま、リバプールを含むトップ集団の後塵を拝し続けているように見える。

     だが、実際のマンUは過去2カ月間で大きく変わっている。正確に言えば、モウリーニョのチーム作りが具体的な形を見せ始めた。昨年11月6日の11節スウォンジー戦(3-1)から、プレミア6連勝で臨んだリバプール戦前には、「勝てば一気に優勝争い復帰」と語る識者も現れた。
    6バックで引き分けを狙った姿はどこへやら。

     元マンUのポール・スコールズだが、中立的な立場でも頷ける意見だった。オールド・トラッフォードでの12節アーセナル戦では内容でパスサッカー集団を圧倒し(1-1)、翌月の15節トッテナム戦でも、積極果敢な姿勢ではアーセナルに勝るとも劣らない敵に主導権を握られることなく、ホームで勝利していたのだ(1-0)。

     結果的に1月15日のリバプール戦には勝てなかった(1-1)。前半にジェイムズ・ミルナーのPKでリードを許し、フルタイム6分前にズラタン・イブラヒモビッチのゴールで敗戦を免れた格好だった。

     しかし同じ引き分けでも、前回対決でのマンUとは違っていた。アウェイで戦った全快は6バック状態で敗戦回避を狙ったが、今回はタフな中盤をバイパスすべくロングボールを厭わないダイレクトな攻め方ではあったものの、勝利を目指して戦い続けた。前半20分の絶好機を逃さずに先制していれば、攻守にフル戦力ではなかったリバプールからの3ポイント獲得は現実的だった。


    ポグバはまだ125億円という移籍金に見合っていない。

     だが、実際には1ポイント獲得にとどまり、再び今季優勝候補として名乗りを上げるには至らなかった。優勝戦線復帰までもう一息、というチーム状態を象徴する存在が、先制機に余裕のあるシュートを外し、その6分後に無謀なハンドで敵にPKを与えたポール・ポグバ。

     23歳のフランス代表MFは、世界最高の8900万ポンド(約125億円)という移籍金額を抜きにしても、モウリーニョの下で復興を期すマンUにおける主軸中の主軸となるべき新戦力だ。昨季までのマンUに欠けていた、中盤の「迫力」を強烈に振りまくことのできるダイナミックでテクニカルなMFなのだから。

     チーム全体としては、モウリーニョが試行錯誤の末に「主要」と判断したパーツが、4-3-3システムで機能し始めている。GKのダビド・デヘアは、優勝を争えなかった過去3シーズンにも欧州屈指の実力を示してきた守護神。その手前の最終ラインでは、フィル・ジョーンズが戦線復帰したスウォンジー戦からマルコス・ロホとのCBコンビが定着し、闘志溢れる守りを見せるようになった。

     35歳という年齢もあって出場機会が限られていたマイケル・キャリックのリーグ戦先発も基本化。自身の脚力の衰えをカバーできるアンデル・エレーラを守備面の相棒に、目ざとく危険の芽を摘み取っては、レンジの広いパスでマイボールを有効活用している。
    イブラはプレミアでもイブラだった。

     攻撃陣でも、前線中央のイブラヒモビッチが初挑戦のプレミアでも高い決定力を誇示。大物らしくチームにおける自信の源にもなっている。

     昨夏に加入したヘンリク・ムヒタリアンも遅まきながら突破力を発揮し始め、後半戦突入前に出場した5試合で、プレミア初ゴールを含む3得点。序盤戦ではモウリーニョに「干されている」との見方もあったが、シーズンを折り返す頃には、初先発した4節マンチェスター・シティ戦(1-2)で最悪の出来だった新顔に無理をさせなかった指揮官は「賢明だった」との声も聞かれた。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2017/01/21(土) 00:46:10.55 ID:CAP_USER9
    リヨンは20日、マンチェスター・Uからオランダ代表FWメンフィス・デパイを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

     契約期間は2021年までの4年半。マンチェスター・Uと金銭面の折り合いがつかず、2度オファーを拒否されたと報じれていたリヨンだが、最終的な移籍金は1600万ユーロ(約20億円)に加え最高で900万ユーロ(約11億円)のボーナスが付くと発表している。

     デパイは同日に行われた記者会見で、「リヨンは多くのタイトルを獲得してきた偉大なクラブだ。僕は自信を取り戻すためにこのクラブへ移籍した。この美しいスタジアムでのプレーを楽しみ、ゴールを決めていきたい」とコメント。

     22日にはリーグ・アン第21節で日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとの“ショック・ドゥ・オランピック”を控えており、同選手も「日曜日の試合がとても重要なのは知っている。すこしリズムを取り戻す必要があるけど、出場できたらと思っている」と意気込んだ。

     また、ツイッターでは「たくさんの思い出をありがとう。マンチェスター・Uでのサポートを決して忘れないよ」と古巣に感謝のメッセージを送っている。

     デパイは1994年生まれの22歳。PSVの下部組織出身で、2011年にトップチームでデビューを果たした。2013年にはオランダ代表でもデビューし、翌2014年のブラジル・ワールドカップにも出場。2ゴールを挙げる活躍を見せた。2014-15シーズンのエールディヴィジでは得点王を獲得し、PSVのリーグ制覇に大きく貢献。同シーズン終了後、マンチェスター・Uへの移籍が決まった。元イングランド代表のデイヴィッド・ベッカム氏やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリード)らが背負った“7番”を継承したが、昨シーズンのプレミアリーグでは29試合出場2ゴールにとどまっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00543890-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/01/20(金) 19:56:01.64 ID:CAP_USER9

    no title

     
    2017年1月18日、サッカー・オランダ代表FWアリエン・ロッベンが、「中国へ行くことはキャリアの終了を認めることを意味する」と発言したと報じられ、中国サッカーファンの怒りを買っている。中国のセルフメディア「球円字方」が伝えた。

    バイエルン・ミュンヘンと1年間の契約延長をしたばかりのロッベンは、オランダメディア「ラジオ・538」のインタビューで、「中国へ行くことはキャリアの終了を認めることを意味する」「お金が僕を動かすことはない。だからこそ、このような素晴らしいキャリアを築いている」などと発言し、中国から巨額のオファーを受け移籍する選手たちに苦言を呈した。

    記事によると、この発言について、中国のソーシャルメディアでは「中国リーグのレベルが高くないことは確か。だが彼の発言も低レベルだ。高潔ぶるな」「中国に来てくれなくて結構」「故障の多いガラスの選手。中国へ来ることは、キャリアの終わりではなく命の終わりを意味する」などと過激なコメントが飛び交っている。

    記事では「中国リーグのレベルが高くないことを認めないわけではない。ブンデスリーガのレベルが高いことも認める」とした上で、「何事も一つ一つの段階を経て進歩するもの。欧州サッカーもそうだったはずだ」と論じている。(翻訳・編集/柳川)

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170120/Recordchina_20170120009.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ